カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

天草市イルカセンター、熊本日日新聞に掲載

 現在弊社が設計業務を行っております『天草イルカセンター』が熊本日日新聞(平成30年2月18日)に掲載されましたので ご案内します。

 

設計業務が終わり、 展示設計及び運営管理の業務を、 天草市様より受け進めています。

 

今年6月着工、来年4月オープン予定です。

 

28056667_1604093366339925_8560960606408761036_n

 
完成イメージ

完成イメージ

天草の夕日

天草の夕日

 

 

すばる保育園施工報告(内部)

小郡市で4月完成に向け建設中の「すばる保育園」の内部が完成しつつあります。

 2017年12月23日に撮影した内部と比較して動画にしました。ご覧下さい。

 

 

『RFA藤村龍至&CF建築企画コム・フォレスト』JV

謹賀新年

あけましておめでとうございます

  

謹んで新春のご祝詞を申し上げます

昨年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました

皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました

 

昨年は、新しく「ドローン事業部」を設立し、業務の効率化や価値のある提供を行いました。

本年はドローンを使って、九州をもっと盛り上げていければと考えております。

建築の企画設計、施工管理もさらなる飛躍を目指して参ります。

 

輝かしい年頭にあたり 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

本年も倍旧のご支援をよろしくお願い申し上げます。

DCIM100MEDIADJI_0013.JPG

天草市イルカセンター 2019年春オープンに向け進行中

熊本県天草市のイルカウォッチングのコミュニティとなる建物、イルカセンターの建築設計を担当しております。

現在、基本設計と実施設計が完了しました。

加えて、館内の展示・演出の企画も担当することとなりました。

2019年春のオープンを楽しみにお待ち下さい!

完成イメージ

完成イメージ

年末のご挨拶

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

本年は格別のご愛顧を賜り、 厚くお礼申し上げます。今年も恙無く仕事を終えることができました。

 

尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。 「年末年始休業期間:12月30日(土)~1月4日(木)」

新年は1月5日(火)より仕事始めとなります。

 

時節柄、ご多忙のことと存じます。 くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。

来年も相変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げて、年末のご挨拶とさせていただきます。

新たにドローン事業部を設立しました。

これまでの建築企画コム・フォレストの事業である「企画設計」と「施工管理」に加えて、新しく『ドローン事業部』が設立されました。

 

今後の社会でドローンが活躍する事を見据えて、弊社では最新のドローンを導入しました。

ドローンによる空撮を行い、建設予定地の写真と建築物の3DCGとを組み合わせた魅力ある提案や、

現在弊社が設計を担当しております、天草市イルカセンターなどの施設のPR動画製作を行っております。

 

また、DPCA(ドローン撮影クリエイターズ協会)の九州支部、

RUSEA(地域再生・防災ドローン利活用推進協会)の福岡第一支部の役割も担っております。

 

合わせて、九州ドローンコンソーシアムに加入し、九州の観光事業に貢献、

要請があれば災害発生した場合に被災地へ出動し、状況把握や緊急物資の輸送を行います。

ドローンの操縦スクールも開催していきます。

 

日々、操縦訓練を行い、安全第一に業務を行ってまいります。

 

引き続き『施工管理事業部』では、設計上の問題点を洗い出し、工事が円滑に進むように管理。

また、『企画設計事業部』では、建築物の企画・運営・施工方法をトータルで、お客様の多様なニーズに応えて参ります。

今後は3つの部署で連携を取り、より良い提案を行っていきます。

 

導入したドローン

導入したドローン

DCIM100MEDIADJI_0009.JPG

小郡市すばる保育園

 

広川町立下広川小学校

広川町立下広川小学校

ドローンスクール

ドローンスクール

福岡県プロポ―ザル

先日、福岡県公営住宅 壱岐団地基本設計業務委託指名型プロポーザルに参加いたしました。

今回のプロポーザルは、全31棟の建て替えを含めた団地計画を提案するというものでした。

 

私たちは、【30年後、50年後には何が求められ、どのように変化していくのか。】未来を見据えた提案をいたしました。

様々な広場や菜園等を設け、また塔状住宅のプライバシー確保の難しさを逆手に取り、多様な世代・世帯が混在することで地域コミュニティの活性化を促進する計画としました。

 

審査の結果、5社の中で最優秀案として選ばれました。

今後の基本設計に向けて、尽力していきます。

 

(敷地面積:約76,000㎡ 住戸数:900戸 延べ面積:約50,000㎡)

壱岐団地画像 171113 最終データ.ai

 

 

 

八女市プロポーザルコンペ

 

先日、八女市、きのこ村復旧整備事業基本・実施設計業務委託公募型プロポーザルに参加しました。

 

笠原川

対象敷地風景(笠原川)

 

現地調査の様子

現地調査の様子

 

5年前の九州北部豪雨災害で被害を受けたきのこ村キャンプ場を

笠原地区の復旧・復興のシンボルとして再整備し、    

地域経済の活性化や地域文化の継承を図ることのできる施設に対する企画設計提案です。

 

 

そこで私たちは、一日も早い復興を願い地域の植生を踏まえ、

一年に春と秋2度開花する十月桜をメインに、1年中どこかで花や実のなる植栽計画を中心にしました。

人の五感に働きかけながらスローライフの生活体験や、フォレストアドベンチャーなどで遊びながら、

‘木育’‘森育’を身につけられる仕掛けに加え、毎月のイベントや八女茶発祥の地である笠原茶を

「五感茶」として売り出すといった、具体的な企画案も盛り込みました。

 

 

一時審査は10社をこえる応募の中、2位で通過し上位5社のヒアリングに臨みましたが、

残念ながら最終審査結果も次点に終わりました。

当選案の公表を待って、比較検討し次のプロポーザルに生かしていきたいと思っています。

 
春

コンセプト

春よこい

計画方針の3つの柱

 
1

提案書1

2

提案書2

台風18号による災害のお見舞いを申し上げます

このたびの平成29年9月17日からの大雨により被災された皆様には

心よりお見舞い申し上げます。

皆様方の安全と健康を願い、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

 

株式会社 建築企画コム・フォレスト  代表取締役 林田 俊二

スタッフ一同