ものづくりの理念


フォレストの記

経営理念

1.
「もの・空間創り」という行為を通して、地域の財産・生活・生命を守ることを基本におき、 社会貢献いたします。
2.
個人・地域の想い・夢を共に実現できるパートナーとして、誠意と熱意をもって技術の向上に
努めます。
3.
出逢いを大切に、常に人間力の向上に努め、魅力ある人・企業に成長し続けます。


信 条

1.
国際的視野に立ち、未来を担う建築士を養成する。
2.
長期的計画に基づき、地域社会に貢献を、社員にはより多くの豊かさを与え続けていく。
3.
正直と誠実を柱に、世界の建築企画設計の手本となるような立派な会社に育て上げる。
4.
与えられた条件の中で全力投球する。
5.
多くの施主・地域社会から誇りとして語られ、太陽のようなあたたかい会社に造り上げる。 以上の信条をビジネスの基本として遵守することにより、個人及び会社の大きな将来が約束されることを確信します。

設計主旨

創造力を尊び、社会的使命である、個人や団体そして
社会・環境の《安全》及び《財産》を守り育む空間作りを目指す事。

《プロ意識の徹底》

人の感性を豊かにし、『人間らしさの追求出来る空間の在り方』
『人との交わり』を求めていく事。

《人の優しさを遵守》

情報とりわけその塊りとしてのソフトを重視した
空間(ハード)作りを心掛ける。

《運営運用の重視》

地域性や地域文化を培んでいける開発・企画・計画を目指す事。

《文化中心型データベースの構築》


Case1/不思議なマジックから生まれた/「信頼の家」

夢を形にしたいのに。
イメージ通りの設計にならない。
夢が膨らむばかりでなかなか決まりませんでした。 久留米にお住まいのA様は、奥様と息子さん2人のご家族です。 長年、住み慣れた家を建て替えようと、まずは土地の購入。 そして、家族そろっての住宅展見学が始まります。
「こんなイメージが良いな~、いやこっちの方が・・・」と夢は膨らむばかりでなかなか決まりませんでした。
そんな時、展示場で気に入ったモデルハウスを見つけ、業界最大手X社に設計を依頼、契約が完了し、手付金の支払いも終え、早々担当者との打合せが始まりました。
数日後プランの提案がありましたが、I様が想い浮かべていたイメージとは違ったようで、それから何度もイメージをお伝えしたようですが、なかなか担当者に伝わりませんでした。
I様は不安に思い、知人に相談したそうです。
「それなら!」とその方から当社を紹介され、ご相談のお電話をいただきました。
それが、I様との出会いの始まりでした。
お施主様の立場にたって、アドバイス。 お電話の内容は、「設計の依頼ではなく、ご相談を・・・」 とのことでしたが、A様のところへお伺いし、X社の図面を拝見させていただき、A様の考えをお聞きした上で、家づくりに対するアドバイスや、A様と設計者側の関係についてもお話しさせていただきました。
その後も、A様から度々ご相談のお電話をいただき、その都度アドバイスをさせていただいていた
ところ、驚きのご連絡がありました。
「現在、契約しているX社へ想いが伝わらずにいますし、これ以上煩わせたくないのです。
「コム・フォレストに設計をお願いしたい。」 X社との契約を解除して、手付金が戻ってこなかったとしても、コム・フォレストさんに設計をお願いしたいのです。」とのお言葉をいただいたのです。 事業計画の立て直しをし、一からプランニングを変更、A様との打合せを行い、ご家族と設計者のイメージが共有できるよう模型を製作しました。
お施主様の為のお施主様の
夢を実現させる家づくり。

工事着工の後、毎週1回の打合せをさせていただき、イメージが具体化する中で、 色決め・材料決めなどを行いました。 設計者が先頭に立って行うのではなく、お施主様自身が 作り上げているという意識をもっての家づくりです。
6ヶ月の工期を経て完成、そして引渡しの日を迎えました。
引渡し後、新築祝宴にご招待いただき、A様から感動の お言葉をいただきました。
林田マジックにかかったような不思議な気持ち。
「林田社長にいろいろとアドバイスをしてもらい、 自分の意見を述べて、家をつくってきましたが、 初めに林田社長が提案したイメージ通りの家が完成しました。
いろいろなことを自分たちが決めていったのに、 まるで林田マジックにかかったような不思議な気持ちです。ありがとうございました。」と・・・
建築家冥利に尽きるお言葉です。

 

信頼関係とは、「信頼・尊敬・愛情・情熱」

 
人と人の欠かすことのできない大切なものだとA様というお客様にめぐり逢い、教えていただきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
飲めないお酒が「A」マジックにかかったかのように美味しく感じた祝宴でした。
コム・フォレストではお施主様がご満足いただける家を創るため、お施主様の希望をしっかりとお聞きし、ご提案いたします。

Case2/希望が信用に、そして信頼に!/「振り向けば教訓」

たくさんのプランの中の一つではなく
お施主様のための一つのプランを。
筑後にお住まいのS様は、お母様と奥様とお子様2人のご家族です。
二世帯住宅を新築することになり、有名アトリエ事務所4社へプランニングの依頼をされていましたが、当社の設計でマイホームを建築中のお客様を通して、コム・フォレストのことを知り、当社が5社目の設計事務所として、S様へご挨拶にお伺いすることになりました。
その日は、どういう家に住みたいのか、2時間程、S様の考えをお聞きし、2回目は、A1サイズのプレゼンボードを10枚作成し、S様のお宅へ・・・
10枚のボードを応接間に並べ、各部屋ごとの細かいイメージを確立していき、これから楽しい
家づくりがスタートするんだという気持ちになっていただけるよう努めました。
「次はいつプランを持ってきていただけますか?」
とのS様からの問いかけに、私は、「契約していただかなければ図面は描けません。」 とお答えしました。 他の設計事務所はプランを何案も持ってきているにもかかわらず、私からのこのような答えにS様は驚きのご様子でした。
「私共は、お客様と契約をして100%
 のものを提供したい。」
「お客様からいただく設計料は100%お客様のためだけに使いたいと考えております。
私共に依頼されなくても、4社のアトリエ事務所のうちどこがいちばん良いかを、プロとして公平な立場でアドバイスさせていただきます。」と思いをお伝えしました。
お客様に後悔してほしくないから、
プロとして公平に。
こんな私共の気持ちをご理解いただき、その後、お母様とS様より、
「コム・フォレストさんを信頼して、ぜひお願いします。」
とのお言葉をいただきました。
間取図1枚も提出していない私共を、プラン・デザインではなく、今後何十年もお付き合いしていくパートナーとして信頼し、選んでいただいたS様とのめぐり逢いを心から感謝いたしました。

プランも出さずに当社に決めていただいたからには、お客様の想いを裏切るわけにはいきません。
工事中に住むアパートの手続き、引越しの手配など、設計以外の部分でも社員全員でサポートさせていただきました。
工事中、S様からの厳しいご意見やお叱りを受けることも多々ありましたが、6ヶ月に渡る工事も無事完了し、ご家族の皆様に大変喜んでいただくことができました。
お客様のパートナーとして家づくりをお手伝いさせていただく私共にとって、S様のご意見やお叱りが、今でもコム・フォレストの教訓となっています。
信用から信頼へ・・・
S様との出逢いから15年ほどが経過いたしました。
お子様も成長され、家族の住まい方も少しずつ変化していく中で、建物に何か変化があれば、必ず連絡をいただけます。
 今では、いろんなご意見をいただきながら、信用が信頼へと変化し、一生涯のパートナーとして、お付き合いくださっていると感じております。
 この出逢いに心から感謝です。
株式会社 建築企画 コム・フォレスト
〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲5-6-24 第6ガーデンビル6F
アクセスマップはこちら
TEL 092-263-7766 FAX 092-263-7768
Copyright(c)2017 ComForest ALL Rights Reserved.