建築企画コム・フォレスト

エントリーフォーム

建築企画コム・フォレスト

2018年 新卒採用案内

本物の力を持った建築士を目指して

「人間力」は、一見、建築士の仕事には関係がないように思われるかもしれませんが、実は建築士にとって必要不可欠なことだと考えています。人生のパートナーとしての建築士集団を、建築企画コム・フォレストは目指しています。

社長からのメッセージ

株式会社 建築企画コム・フォレスト 代表取締役 林田 俊二

お客様に喜んでいただくことが一番の喜び

私どもの建築士としての社会的使命は、お客様の財産や生活を『もの・空間創り』という行為を通して、地球の財産や環境を守ることであります。
また、私たちは、常にお客様の立場に立って考え、お客様の望んでいらっしゃる120%、150%の提案(お客様が思いもしなかったことの提案)をし、満足していただけることが、最大の幸せであり、一番の喜びであります。
その一例として、平成28年4月に発生した震度7の熊本地震により大きな被害を受けられた熊本熊本県益城町で、23年前に設計させていただいた住宅のお客様からの一枚の葉書です。

~抜粋~
被害の状況は、目を震わせるほど町の中はひどいものです。そんな中、我が家は震源地に近かったにもかかわらず、建物は無傷でした。硝子や硝子ブロック一枚も割れず、ひび割れすらありませんでした。本当に安心と共に、ありがたく思っています。なぜ、無傷かということを調べる価値がありますね。

といったお手紙でした。地震のニュースを見た時は、本当に不安と心配が錯綜しましたが、電話で『家も家族も無事です』と繋がった時は、心から安堵しました。これだけ自然災害が多い中、私どもの使命は大変重要でかけがえのないものだと、痛切に感じております。
古い概念にとらわれず、これからの建築を担う若い新しい才能を発掘し、私が40年かけて培った技術やノウハウを惜しみなく、次の世代を担う人々に伝えていきます。10年かかるものは5年で、5年かかるものは3年で伝えていき、これからの世の中に強く生きる人材の育成に努める覚悟です。
無から有を生み出す、素晴らしい仕事です。これからは、ヒューマンからソフト、そしてハードを生み出す、ヒューマンの力が大事と確信しています。
共に感性を磨き、共に新しい時代を築いていきましょう。

企業理念

フォレストの記 ─ ネーミングによせて ─

樹は木であって、貴でもある。木は気に通じ、記をさせ、奇をも想わせる。
木が生であれば、期を感じさせ季に思い至らせる。

フォレストは木々が集まり、大きな塊りとなって、生態系を形成する。
その聖なるところには、豊かに息づくエネルギーを求めて、全てのものが集い、新しい命を創造する。

古代中国の周の時代には、「知恵の園」として植物園が宮廷に作られ、栄華の象徴として、
「空中庭園」なるものも古代ペルシャやエジプトで作られていた。

樹木は古来から自然そのものの代わりとして、崇拝され、数多くの知識と示唆を与え続けて来ているのである。

樹木が今、環境重視と言う流れの中で、再び我々に示唆するものは、気(き)によって生(き)を思い、稀(き)を狙わず器(き)を大きくし、機(き)をこらせば軌(き) 自ら見える

私達はこの自然界の中で、創造することを許された者の一人として、その役割を絶えず考え続けたいと思います。

フォレストの記 画像

経営理念

  1. 「もの・空間創り」という行為を通して、地域の財産・生活・生命を守ることを基本におき、社会貢献いたします。
  2. 個人・地域の想い・夢を共に実現できるパートナーとして、誠意と熱意をもって技術の向上に努めます。
  3. 出逢いを大切に、常に人間力の向上に努め、魅力ある人・企業に成長し続けます。

「あの人に頼みたい」と指名されるような本物の力を持った建築士になりたい。

企業理念イメージ画像

建築士は単に建物を設計する仕事ではなく、安全・環境・経済性など色々な角度から見て総合的に判断し、お客様にご提案していきます。自分の思い通りの設計ができても、お客様が満足していただけなければ、それは建築士の自己満足でしかありません。お客様には思い描いているイメージがあり、それを具現化し、お客様の夢を現実にするのが私たち建築士の役割です。お客様と向き合い、個人住宅なら、家族構成などの基本情報はもちろん、ふとした会話の中からもご家族の暮らしを読み取りご提案をし、理解していただけるまで話し合い、お客様にとって最適な空間をつくりだします。

建築士の大きな役割として「お客様の財産・命を守る」、そして「地域の財産・地域の環境を守る」ということがあります。この役割として、安心・安全な建物を設計するのと同時に、デザインや素材、コストまで頭に入れながら、「人・まち・環境」に妥協しないものづくりをします。これを実行することはとても簡単ではなく、専門知識はもちろん、幅広い分野の情報も必要となりますが、中でも一番大事なのは「人間力」だと確信しています。
「人間力」は、一見、建築士の仕事には関係がないように思われるかもしれませんが、実は建築士にとって必要不可欠なことだと考えています。人生のパートナーとしての建築士集団を、建築企画コム・フォレストは目指しています。
『あの人に頼みたい』と信頼され指名してもらえる建築士です。弊社の求めている人材は、「あなた自身の人間性と目標達成する覚悟」です。厳しいといわれるこの業界の中で、当社が実績を伸ばしているのは、私も社員もそれを追及しているからだと自負しています。弊社のキャッチフレーズは、「犬小屋から超高層ビルまで」全ての建物に対応できる人財へ成長させることが大きな目標です。

設立から30年を目前に、また新たな一歩を踏み出したい。そんな想いで、もっともっと「本物の建築士」を育てたいと強く考えております。近年では、月に1回、外部講師による若手社員の研修会を行なっており、 コミュニケーション力の強化・プレゼンテーション力の強化に力を注いでいます。建物見学にも積極的に出かけ、見学後には報告会を行なうなど情報の共有に取り組み、活き活きとした職場環境になっております。『建築士になりたい』というあなたの夢を、一緒に実現しましょう。

企業説明会の日程はこちら
エントリーフォーム

先輩社員の声

プランナー 山田 絵里
1

建築が大好き=自己成長 佐賀大学卒 2011年新卒入社 プランナー 山田 絵理

入社6年目です。自分自身を振り返るとき、過去のスケジュール帳を見直します。入社時から、打合わせの内容・学んだこと・感じたこと、すべてのことを記入してきたので、そのタイミングで何を考え、学び、反省したかを振り返ることができ、自分の成長に気づきます。記録をとることが、私を大きく成長させてくれた一つだと感じています。

この仕事は、お施主様はもちろん、多くの方々と接することが必要不可欠な仕事です。ひとりでできないことがあまりにも多すぎることに気づき、それからは、謙虚に人の力を積極的に借りたり頼ったりすることで、多くの知識を周りの人から学ばせていただけると思っています。
人と接するのが楽しくなると、人への接し方や物事に対する考え方・見方が変わり、自然と人の意見を聴こうという姿勢になり、失敗も経験も全て自分の糧になり、『ありがたいこと』と考えるようになれたのは大きな成長です。
仕事で様々な経験を積むことで、技術面の成長とメンタルも強くなりました。任せてもらっている分、成果をあげなければならない、というプロとしての心構えが身についてきたのは大きな財産です。

弊社は、向上心と努力する覚悟を持っていれば、必ず設計士として成長できる環境があります。ただその分、『若いから技術力がない』という言い訳は通用しません。ここに、プロとしての厳しさがあります。私は、『建築が好き』という気持ちだけで6年間この仕事を続けてきました。『建築が好き』という気持ちがあれば、必ず自己成長できると、今は確信になりました。『建築が好き』で自分の成長を磨きたい方には、是非チャレンジしてもらいたい会社です。一緒に成長しましょう。

先輩社員の声1 イメージ画像

入社後、同じメーカーのスケジュール帳。6冊目になり、全ての仕事のコメントが残されている成長を感じる記録。

プランナー 守田 龍平
2

若い時から任せてもらえる 福岡大学大学院修了 2012年新卒入社 プランナー 守田 龍平

今年で入社5年目です。現在は複数の現場の設計・監理を担当させて頂き、日々やりがいを持って動いています。
大学の専攻は土木学科だったので、1年目は建築用語や図面の書き方を覚えるのも一苦労で、常に手探り状態でした。しかし、ものづくりに対する「思い」「やる気」はあったので、とにかくやりながら考え、時間がかかってでも責任を持ってやり遂げることを目標に乗り切りました。
2年目からは社長のサポートで、複数の担当物件を持たせてもらえるようになりました。
まだ設計の全体像を把握できていない中で、自分自身で考え行動することの大変さや難しさ、設計の一連の流れを学ぶことができ、たくさんの苦労はありましたが、何とか無事にやりぬくことができました。お施主様へ引き渡した時は感無量で、大きな達成感と建築士としての一つの自信にもつながりました。

3年目は自分が設計した物件の工事監理も始まり、現場に足を運ぶことも多くなりました。図面で描いたものが実際に現場で建設される様子を見ながら現場の声を聞くことが、一層仕事に対する理解を深め、自分を成長させてくれたと思います。当時は成果物の提出や複数の現場の引渡し等が重なり、かなり切羽詰って動いておりましたが、この厳しい状況を乗り越えたことで人間的にも一回り大きくなれました。

振り返ると、主担当だけでなく模型やCG担当として関わった仕事なども含めて50を超える物件に携わりました。同じ業務は一つも無く、ひたすら誠意を持って取り組みながら、経験と実力を磨いていった5年間でした。
技術も経験も少ない若い時から仕事を任せてもらえるということは、大変な分、学ぶことも多く、そのような経験のできる職場環境に感謝しています。

先輩社員の声2 イメージ画像

現場に行く時に必ず携帯している3点セット。

アシスタントプランナー 松永 奈緒
3

就職活動を通して見つけた、新しい出逢い 静岡文化芸術大学卒 武蔵野美術大学院修了 2016年新卒入社
 アシスタントプランナー 松永 奈緒

入社1年目の新入社員です。私は、4年制大学のデザイン学部を卒業し、大学院では建築学科に進学した後、就職しました。私は、気に入った場所で暮らし、好きなことを仕事にすることを目標として就職活動をしてきました。学生の時から、福岡での暮らしに魅力を感じ、この地で働くことに決めました。

学生生活が長かった私は、就職活動をすることに対して不安な気持ちがありました。就職活動中は理想と現実を目の前にして、不安感や慣れないことへのストレスで、就職活動そのものを辞めたいと思ったこともありました。
しかし、就職活動を進めるにつれて、自分自身が就職する上で大切だと考える点や、自分をどういう風にアピールすれば良いか、少しずつ要領が掴めるようになりました。また、就職活動の中で感じたこととして、気になる会社に足を運び、直接会社の空気感を体感すること、希望する職種についている社員の方の話を伺うことがとても大切だと感じました。具体的に自分自身が働く姿を想像することができ、就職してからのギャップが埋められるのではないかと思います。

その中で、出逢ったのが弊社でした。私がやってみたい仕事や将来の理想についての話を社長自らが聞いて下さり、きちんと人を見て下さる方だと感じました。何度も会社訪問をさせて頂き、社長や社員の方々のお話を聞く中で、選択と決断を自分自身ですることが重要だと感じ、就職試験を通して働く覚悟を固めていくことが出来ました。
私は、就職を通して様々な人や新しい経験と出逢うことができました。今後、社会人として理想の自分になるために、挑戦心を持ち精一杯努力して成長し続けていきます。

先輩社員の声3 イメージ画像

入社祝いに頂いた名刺入れと名刺。入社当時からの大切な仕事道具。

企業説明会の日程はこちら
エントリーフォーム

社員の一日

福岡大学大学院修了 2012年新卒入社 プランナー 守田 龍平

プランナー 守田 龍平
START 8:40

出社

まず出社したら工程確認を行います。自分の工程だけでなく、社長や先輩方の工程もチェックし、頭に入れておきます。

8:55

朝礼

毎朝、各自の工程、連絡事項等を社員に向けて連絡します。

9:00

メール確認・電話対応、後輩社員への指示など

午前中はメールの確認から行います。メールの内容によっては一日の仕事内容が変わることもあるため、メール確認後、仕事の優先順位を決めます。また、後輩社員へやってもらいたい仕事内容の指示を出します。

9:30

図面・資料作成、検討など

図面・資料作成、検討など イメージ画像

現在進めている設計の図面作成や打合せ資料の作成を行います。いくつかの物件を平行して進めているため、各工程が遅れないように全体を見通して進めることが重要になります。

12:00

昼食

昼食を取り、作業着に着替えて現場に行く準備します。

12:30

移動

移動中の車内では、施工管理部長から仕事だけでなく、これまでの経験を踏まえた様々なお話を聞くことができ、大変勉強になる大切な時間です。

13:30

現場分科会・定例会議

現在現場監理を担当している小学校改築工事の現場会議です。施工業者だけでなく、行政担当者や校長先生なども一同に会し、工事の進捗状況や管理上問題ないか、新たな要望などを確認します。

16:00

現場確認

現場確認 イメージ画像

施工図通りに建設されているか、高さ寸法は使用上問題ないかなどをこまめにチェックしていきます。図面ではわからない素材の見え方や納まり、空間のスケール感などを目と肌で感じることができます。

17:00

移動

現場を見た上での気づいた点や反省点などを施工管理部長と共に共有しながら帰ります。

18:00

帰社・図面・資料作成、検討、図面チェックなど

帰社・図面・資料作成、検討、図面チェックなど イメージ画像

現場の振り返りとまとめをして、再び現在進めている設計の図面作成や打合せ資料の作成を行います。また、施工図や資料、後輩が描いた図面のチェック等も行います。

23:00

退社

明日の仕事のスケジュールを整理・確認して退社します。仕事が一段落した時は、社員と飲みに行くこともあります。
※業務の都合で退社時間がこの程度遅くなる場合があります。

企業説明会の日程はこちら
エントリーフォーム

教育制度

教育制度 イメージ画像

弊社では若手社員を中心に毎月1回、様々な研修を行っています。高い設計のスキルを仕事で身に着けながら、社会人として必要な知識や能力を、研修で身に着けていきます。将来独立できる建築士としての能力向上を目指しています。

社会人基礎研修

社会人に求められる基礎能力を身に着けます。
ロジカルシンキングや、アカウンティング、マーケティングなど幅広い分野を学びます。

社会人基礎研修 イメージ画像

経営理念勉強会

仕事での意思決定の基礎となる経営理念を深く学びます。言葉の一つ一つの意味や、会社の思いをワークショップ形式でお互いに理解を深めていきます。

経営理念勉強会 イメージ画像

プレゼンテーショントレーニング

弊社では早い段階から施主様の前でプレゼンテーションを行います。資料の作成方法から、人前で話すトレーニングまで、初心者でもプレゼンテーションが出来る様にトレーニングを行います。

プレゼンテーショントレーニング イメージ画像

次世代リーダー研修

コム・フォレストの次世代を担うリーダー研修です。リーダーシップ能力の高め方や、チームで高い成果を出す方法などを学び、将来のリーダーを育成しています。

社会人基礎研修 イメージ画像

施工事例

広川町立下広川小学校 画像

広川町立下広川小学校

精華女子高等学校看護棟 画像

精華女子高等学校看護棟

八女市子育て支援総合施設 ○プロポーザル最優秀作品 画像

八女市子育て支援総合施設 ○プロポーザル最優秀作品

河東地区コミュニティ・センター 画像

河東地区コミュニティ・センター

荒尾消防署 画像

荒尾消防署

企業説明会の日程はこちら
エントリーフォーム

施工事例

募集職種・分野 技術職(建築物の企画・設計・監理業務)
仕事内容

様々な建築物の企画・設計・監理業務を行うお仕事です。手がける案件は全てゼロからのフルオーダーのため、お客様との打合せや施工中の現場での確認、完成・引渡し後のフォローまで、すべての業務を行ないます。

多くの業務があり忙しい業種ではありますが、入社早々から色々な経験を積むことができるので設計士としても、また人間的にも大きく成長ができます。業務はチーム体制で行いますので、先輩スタッフのフォローがあります。

募集対象 高等専門学校・大学・大学院
募集学部・学科 建築系の学部・学科
募集人数 1~2名
採用フロー 1~2名
初任給 ¥200,000(大学院卒) ¥190,000(大卒) 
諸手当 通勤手当・住宅手当・家族手当・役職手当・資格手当
昇給 年1回(8月)
賞与 年2回(7月・12月) 会社業績による
休日休暇 年間108日(年末年始4日)・有給休暇
待遇・福利厚生・社内制度 各種社会保険・育児休業・介護休業・慶弔見舞金
勤務地 福岡県福岡市
勤務時間 9:00~18:00(休憩1時間)
教育制度 内定者研修・新入社員研修・若手社員研修・その他外部セミナーへの参加

採用に関するQ&A

Q

新卒採用に応募したいのですが、募集職種にはどのようなものがありますか?

A

技術職(設計)を募集しています。

Q

採用方針について教えてください。

A

努力できる人、建築が好きな人、将来独立心のある人を求めています。

Q

応募資格について教えてください。

A

建築系を専攻された大学院卒、大卒の方。(男女の区分けはございません。)

Q

文系でも、応募は可能ですか?

A

専門性の高い技術職のため、建築系を専攻された方のみを選考対象とさせていただきます。

Q

選考の流れを教えてください。

A

1次選考(集団面接)→ 2次選考(適性検査)→ 3次選考(集団面接)→最終選考(社長面接)という流れです。

Q

応募はどうすればできますか?

A

弊社のホームページに掲載している会社説明会にメールでお申込みいただきます。
説明会に履歴書をご持参ください。選考希望の方には後日、1次選考の日程をご案内いたします。

Q

資格取得に対しての支援はありますか?

A

取得のための支援はありませんが、取得後の登録時に支援します。

Q

入社後のキャリアプランについて教えてください。

A

採用内定後は10月から内定者研修、入社後は月1回の社内研修を行なっています。
人間性を重視した研修プログラムを取り入れています。

Q

社員数・平均年齢を教えてください。

A

平成29年1月1日現在、社員数は20名で平均年齢は33歳6ヶ月です。

企業説明会の日程はこちら
エントリーフォーム